【全員をPCR検査?】長崎に停泊のクルーズ船で新型コロナに数十人が感染し外国籍の乗員623人を検査!

SPONSORED LINK

長崎県の三菱重工に停泊しているイタリア船籍のクルーズ船「コスタアトランチカ」で、毎日数十人の新型コロナの陽性者がでているようです。

この時期に、何故イタリア船籍のクルーズ船が長崎にいるんだ!!

と驚きを隠せませんでした。

調べたところ、

このクルーズ船は、当初2020年の1月に中国で船の修理をするために中国に入るはずだったようです。

所が、1月時点では、中国のコロナの状況が酷かったため、

中国での修理をあきらめていたところ、日本の三菱重工が修理を引き受けていたという事のようです。

なので、若干ですが、横浜のダイヤモンドプリンセスよりは前から日本にいたようです。

しかし、乗組員は日本人は通訳の一人だけで、あとは全て外国籍の乗組員のようで計623人!

ここに来て毎日のように数十人が陽性反応が出ていて、軽症者は船内にいてもらうようですが、既に長崎市内の病院に入院をしている方もいるようです。

今は、日本国内のPCR検査もほとんどしてもらえないのに、

外国籍で、ほぼ100%くが外国人の乗組員に関しては、すぐに全員をPCR検査するって!!

外国人は特別枠なんですか!!?

日本人は検査頼んでもしてくれずに、外国人は600人以上をすぐにPCR検査しますって、、

日本は日本人のものじゃないんですか?

長崎県内で新型コロナウイルスに対応できる病床は離島を含めてたったの102床しかありません。

600人以上の乗組員の多くが感染していたら、長崎県内のコロナに対応できる病床はすべて、このクルーズ船の乗組員で埋まってしまい、日本人はもう入院できなくなります。。

しかも、クラスターが起きているということで、今後入院者が増えた場合には、長崎県だけで対応できなくなる可能性があるので、他県にも入院要請をする可能性があるって!!

えっ!!

なんで!!

なんで、、日本人の為だけでも、もう、、もう、、、

一杯一杯なのに、、、。

なんで。。。

とりあえず、船は置いておいても、

乗組員600人以上の外国人のみなさんは、
それぞれ母国へ飛行機で帰国してもらえないのでしょうか?

それにしても、

1月に長崎に入港していて、

今になって陽性でってことは、この数週間に感染したってことなんでしょうけど、

それにしても、1月から4月の今まで、600人以上の外国人の乗組員さんは、時々長崎市内に出かけたりしていたそうですよ。。

はぁ~。。。

どうしてとりあえず、乗組員さんを一時的に帰国させなかったんでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK