【寒さ対策ベスト3】2021年今年の冬は寒い!寒い部屋で暖かく快適に過ごす方法とは?

2021もそろそろ12月(師走の季節)がやってきました。
12月なので寒くなるのは当然と言えば当然かもしれません。

各地で積雪や雪の便りも聞こえてきました。

ところで、お部屋の中が寒いととても辛いですよね。
外で寒いのは洋服を着こんだりすれば、かなり解消されますし、

普段、外出しているときは動いていることが多いので、
体を動かしていれば暖かくなりますよね。

でも、自宅や職場(事務仕事などのオフィス)で寒いとなると、
これほどつらいことはありません。

今回は、寒い部屋でも暖かく過ごすための対策についてお話しします。

寒い部屋で暖かく快適に過ごす方法 その1

まずは、とにかく床を暖かくすることが鉄則です!!

できれば厚手のカーペット(絨毯)を敷いてください。

床下に断熱材が施工されていないような古い家の場合は、必ずアルミシートを敷いてからカーペットを敷いてください。
(アルミシートは、100均でも売っています。)

もうちょっといいやつが欲しい方は、こちら

また、厚手のカーペットですが、防音タイプのものでもいいかもしれません。
(言ってる意味がわからないかもしれませんが、アパートなどで下の階の人に足跡が響かないような防音タイプのカーペットというものがあって、それが結構厚みもあり、経験上暖かかったので。。)

何故、床の冷たさ対策重要視するかというと、

私はキャンプもするのですが、
冬のキャンプは電源サイトで行います。

そして、その際に一番重要視しているのが、
ホットカーペットです。

床にホットカーペットを敷いて、その上に毛布を敷くだけで、
外気温が5度位でも、テント内が20度近くなります。
(テントにもよるとは思います。)

寒さは下からやってきます。
まずは、なにより床対策です!

そして、なにより足があったかいと体全体が暖かくなります。

でも、家の場合特にホットカーペットは無くても、
アルミシートとカーペットだけでもかなり暖かさが違ってきます。

また、カーペットを敷くときは、できれば部分的なラグなどのものではなく、
部屋全体の床を覆うようなカーペットが望ましいです。

カーペットがない部分は冷えやすい為、快適性が低くなります。

なので、できれば部屋全体の床カーペットを敷くのをおススメします!!

寒い部屋で暖かく快適に過ごす方法 その2

次に、何とっても窓です。

これに関しては、夜になったら雨戸やシャッターがある家の場合は、
雨戸やシャッターを閉めてみてください。

これだけでも、相当寒さが違ってきます!!

また、一般的には厚手のカーテンを床につくほどの長さのものにするというのが大切です。

そして、出来る事なら根本的な対策でインプラス窓(内窓)を施工するのが一番暖かくなります。

インプラス窓の場合、施工も一日もかかりませんし、工事費用も思ったほど高くありません。
小さい窓の場合、工事費も合わせて3~5万円位で、普通の部屋で掃き出し窓と腰高窓2つ、合わせて3か所のインプラス窓と工事費合わせても15万円前後です。

ちょっとした電化製品を買う位で、根本的に自宅が快適になると考えたら、
光熱費も節約できるし、快適になるのでおすすめです!!

寒い部屋で暖かく快適に過ごす方法 その3

自分自身を暖かくする。
ヒートテック系の下着や靴下を装着する!

特に、個人的に重要視しているのが、
ヒートテックの靴下です。
(あと、できればアンダータイツも!)

やっぱり初めにお話ししたように、
足元が寒いと全身が寒く不快になりますので、

足元対策は重要です!

ユニクロのヒートテックの靴下は色んな種類があり、2足で約1000円位
靴下としては若干高い気もしますが、

これで、かなり寒さを感じなくなりますよ!

私は毎年、ヒートテックの靴下を4~6枚は買っています。
一度、ヒートテックの靴下をはくようになってからは、
快適なので、毎年リピートしています。

寒さ対策(番外編)

私は、少しぽっちゃりしているので、
お風呂上りに汗が引きにくく、

冬でもお風呂上りは扇風機のまえで汗を拭きふき、
汗が引くまでいます。

何故かというと、
汗をかいたまま下着や洋服を着ると、

汗で下着が濡れてしまい、
そのあと、濡れた下着で体がもっと冷えてしまうからです。

でも、冬に扇風機で汗を引くまでいるのも
いやだったので、いろいろ考えました!

そして、バスタオルの真ん中にハサミで穴を開けて、
破れない様に、切った部分を丸めて縫いつけて、

ポンチョみたいに上からかぶるような
ものを作りました。

これを着ると、

汗をバスタオルが吸収してくれて、
べたつかず、サラッと快適に過ごすことができました!!

めっちゃ快適です!

私は、自分で思いついて作ったのですが、
もしかしてと思い、ネットで調べてみると、

汗取りインナータオルというのがありました!!

既に同じようなものが販売されていました。。。(^^;)

まとめ

寒い部屋での寒さ対策として今回は3つ取り上げました。

その1:とにかく床を暖かくすること。アルミシートと厚手のカーペットを敷く。

その2:雨戸やシャッターを閉める、厚手の長いカーテンにする。

その3:自分自身を暖かくする。ヒートテック靴下や極暖の下着を着る。

番外編:お風呂上りに湯冷めしないようにタオル地の肌着を着る!

足元あったか!これもよかったですよ!

寝るときに、暖かく快適にぐっすり眠る方法について、
こちらの記事で読むことができますので、よろしければみてみてください。

【驚き!】寒い冬に寝る時、厚着より薄着の方が暖かくなる!その理由とは?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK