【細菌と共存?】人間の体の中に膨大な細菌がいるから生かされている事実!

SPONSORED LINK

現在、新型コロナの影響で除菌、除菌、消毒、殺菌と多くの人が必死になっています。

それは、とてもよくわかります。

ただ、知ってほしいのは、
人は多くの細菌やレトロウィルスなどによって
生かされているという部分も大きいということなのです。

細菌が私たちの体の中で働いてくれている!

西洋の医学では、
異質なものを排除するとか
そういう医療を行うことが主になっています。

しかし、

人間の体というのは、
太古の昔から多くの細菌やウィルスを
自分の体に取り入れて

現在のように生命活動や
子孫繁栄をできるようになっている
という事実があるのです。

太古の昔に人類が感染した
レトロウィルスにより、

人間の胎盤の機能が働いている
ということも判明しています。

なんと、

そんな風に人間のDNAの中に
太古に感染したウィルスの情報が組み込まれているんです。

膨大な数の腸内細菌のおかげ!

ちなみに、

既に多くの人の知るところだと思いますが、

抗生物質をむやみに使いすぎると、
人間の腸の善玉細菌迄殺してしまい、
大切な人間の免疫機能や生命活動に問題が出ることになるといいます。

人間の体の中(腸内細菌)は、なんと100兆個も住んでいると言われています。

重さにして1~2kgにもなるようです。

それだけの、膨大な腸内細菌のおかげで私たち人間は生きていられるのです。

発酵食品が体にいいというのは、
だれでも知っていると思います。

発酵も微生物の働きです。

味噌や醤油、お酒などは、
麹菌と言われる菌の働きです。

私たちは、目に見えない微生物の働きで健康で生きていられるのです。

人間は腸内細菌から食べ物を栄養素に変換してもらっている!

実は、人間は穀物や肉や野菜などを食べますが、

その食物をそのまま栄養にできているのではなく、

実は、腸内細菌が人間が食べた食物を食べて、
その腸内細菌の働きによって、人間が摂取できる栄養素に変換されており、
その栄養素をやっと人体が吸収することができているのです。

では、

人間の中の腸内細菌が全部死んでしまうとどうなるのか?

そうです、

腸内細菌が全部死んでしまうと、
人間も栄養素を吸収できなくなるので、
死んでしまいます。

世界は微生物によって生かされている!

この世界は、

目に見えない位の細菌によって
多くの生き物が生かされているのです。

なので、

世界中を殺菌、消毒してしまうと、
ウィルス感染症どころじゃなく、

多くの生命が生きてゆけない世界になるのではないでしょうか?

また、前回は新型コロナにBCG予防接種(特に日本株)が効果があるかもしれないという記事を書きましたが、

BCGの効果も、

ウィルス阻害とか、消毒とかそういう方向のものではなく、
先にウィルスを取り込み、

味方にするというような考えになるのではないでしょうか?

より安全で自然な方法で人間の体を強くする!

日本の富士フィルムが開発した「RNAポリメラーゼ阻害剤」は、ウィルスのRNAが複製して増殖するのを阻害して治療しようとするものです。

専門家ではないので、わからないことも沢山ありますが、

RNAというのはDNAの2重螺旋構造よりも構造が簡単で、DNAとは違うものですが、

遺伝情報ということでは同じような部分もあると思います。

なので、ウィルスのRNAの複製を阻害する薬というのは、なんとなく人体にも問題があるような気がします。

実際に、妊婦が摂取すると胎児に奇形がうまれたりするようです。

そのようなものを使わなくても、

人間の体を強めるためにBCGなど人体を強めるような方法の方がより自然で安全だと感じます。

以前、ウィルスは人間の体をバージョンアップさせるためのプラグインモジュールのようなものかもしれないということを記事の中で書いていますが、

今後、ひたすらにウィルスをブロックし続ける方法をとろうとした場合、
それができなくなったときに人類は逆に大きな危機を迎えるのでないかと思います。

人間も、昆虫も、その他の生物もその多くは、
その体内に、違う生命体(細菌)などと共存し

互いに生かし、生かされているのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK