【最新情報】カローラクロス販売開始!動画公開!トヨタの最強SUV登場

トヨタがカローラのSUV「カローラクロス」を2020年7月9日の本日世界初公開しました!!
写真と走行動画も見ましたが、かなりカッコいいのです。

日本で販売開始したら、C-HRやRAV4を買おうとしていた人の多くが、カローラクロスを買うのではないかと思われます。
それくらい、衝撃的にカッコイイ車に仕上げてきています。

タイでは、販売も開始したということです。
何故、日本のトヨタなのに外国で先行販売するのだろうか。

カローラクロス走行動画初公開!トヨタの最強SUV登場!

ともかく、まずはこちらの動画をご覧ください!

トヨタは、このところライズが販売台数トップと絶好調で、
更に、新型ハリアーも予約数もうなぎのぼり状態になっています。

そんな中、Cクラスのとんでもない秘密兵器を突然出してきました!!

カローラクロス!!

カローラのSUVね、、タイで先行販売開始、、
どんな車なのかな・・・。

それほど期待もせずにカローラクロスの発表についての記事を読み、
新型カローラクロスの走行動画を見たのですが、

見れば見る程、一気にカローラクロスの外観デザインと内装、使い勝手のよさそうな各種装備に一目ぼれしてしまいました。

内装も高級感あふれた作り!

最近のトヨタは、VWを凌ぐくらいに世界基準の車づくりをしてきていると感じます。

カローラは大衆車だったのですが、今や世界のCセグメントと肩を並べる程の車になっています。

また、今回のカローラクロスは、CセグメントのSUVとしては、また世界の自動車産業に衝撃を与えるくらいの影響があるように思えます。

室内空間も広く、荷室も広く、乗り降りもしやすく、各種運転サポートも当然のようについており、乗り心地も良く、

なによりトヨタは壊れない!
VWクラスなら、外車を選ぶ必要ありますか?

って感じですね。

カローラクロスの仕様は?

TNGAプラットフォーム(GA-C)を採用したボディに、サスペンションは前輪マクファーソンストラット、後輪は大型の柔らかいブッシュを採用した新型トーションビームになっているようです。

後輪サスペンションは、トーションビームですが、TNGAプラットフォームと新型のトーションビーム採用しており、後席でも心地よい乗り心地が得られるようにしているようです。

トーションビームといっても、現在の車はボディ剛性も高く、設計もどんどん進化しているので、トーションビームだから乗り心地が悪いとは限らなくなっています。

更に、ボディサイズは、全高4460mm×全幅1825mm×全高1620mmと、ワイドで堂々としたサイズながら、使い勝手もよい大きさにまとめられています。

サイドビューも、車格を感じさせる伸びやかなデザインとサイズ感となっています。

荷室も487リッターと十分な大きさを実現しています。

また、車高のあるSUVでありながら、ドアの開口部を広くしているので乗降性も優れています。

パワートレインは、1.8Lのガソリンモデルとハイブリッドを用意している。

■燃費性能は、車体の軽量化により、低燃費を実現しています。
・ハイブリッドモデルが23.3km
・ガソリンモデルで15.4km

■車体重量
・ハイブリッドモデル 1385kg
・1.8Lガソリンモデル   1325kg

カローラクロス、日本での販売開始日情報

今後の販売台数で、ライズやハリアーを凌ぐと予想される、カローラクロスですが、

日本での発売予定日はいつになるのでしょうか?

現在のところ、日本での販売の予定は未定となっているようです。

ヤリスのSUVバージョンのヤリスクロスは今年の8月31日から販売開始の予定となっているようですが、

どちらかというと、本命はカローラクロスになるのではないでしょうか?

一日でも早く、日本でも販売開始してほしいものです!

Twitterの反応

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK