ネットショップでお金をかけず成功したいなら人の為になる記事を書け!それが最高の営業マンになり集客資産となる

SPONSORED LINK

ネットショップを開業するのは、今でもまだ稼げるチャンスはあります。

しかし、10年前に比べれば競争は激しくなっているのも事実だといえます。

私は、10年以上前から楽天市場やヤフーショッピングショップサーブ、カラミーなど割と多くのネットショップの作成と運営に携わってきました。

そんな中で言えることとしては、

今現在、何らかの商売をしているか、または顧客リストをお持ちでない方の場合、以下の方法で人を集める方法を取らなければ始まりません。

ネットショップに自分の店を出したからと言って、買ってにお客さんが来て買ってくれるわけではありません。

実店舗であれば、山の中の林の中に店を作らない限り誰かが見るので誰かかれか来店してくれるでしょう。

しかし、ネットショップはそんなにあまくありません。

インターネットというジャングルの中の一本の草くらいの存在感です。

またはサハラ砂漠の砂とまではいえませんが、それくらいの存在感かもしれません。

それだけ、今現在ではネットショップは無数にあるのです。

そんな中で、どうやって自分のネットショップに来てもらえるか?買ってもらえるか?ですが。

それは、ずばりネットでの集客方法を知っていて、

しかも、それを続けられるかどうかにかかっています。

甘い考えでネットショップを始めた人の多くは、それ(集客するための努力)ができないことが多いです。

ネットショップに集客する方法としては以下があります。

(1)アドワーズ広告(商品に関するキーワード「言葉」でネット検索した人に向け表示する広告)

※アドワーズ広告の種類には、テキスト広告(文字だけの広告)、バナー広告(四角い画像の広告)があります。

※アドワーズ広告が表示される場所は、多岐に渡っており、ネット上のいろんなホームページやブログなどで表示されます。具体的にはgoogle検索で調べた結果の上の方や、下のほうに表示されたり、また様々なホームページや個人のブログのほか、youtubeの画面の下にも表示されます。

※アドワーズ広告の費用は、自分の広告を人がクリックしたときにだけ、1回いくらという形での広告費がかかります。

※アドワーズ広告の広告単価は、1クリックあたりの単価を自分で決められます。10円とか、500円とか自由に決められます。

※アドワーズ広告のキーワードには、どんなキーワード(言葉)でどれくらいの人が検索しているのか?ライバルが多いか少ないか、広告単価がいくらかなどわかるツール(道具)がついています。

※アドワーズ広告の初期費用は、数千円から始めることができます!

※アドワーズ広告のクーポンを始めてはじめる人には、無料のクーポン券を使うことができます!
無料クーポンの取得についてはこちら!

(2)ブログ集客(コンテンツマーケティング)

※ブログなどの仕組みを利用して、自分が販売しようとしている商品やサービスについて、それを購入したり、サービスを利用したりすると考えられる人にとって有益な情報を提供する必要があります。

・何故、無料で商品に関する知識や有益な情報を提供するのか?

⇒ それは、一言で言うと価値のある情報を得られるのであれば、人はその情報を欲しいと思うし、そういう情報には人は集まってくるからです。

・無料で有益な情報を出すと、自分の商品やサービスを購入してもらえないのでは?

⇒ その反対です。インターネットで自分の商品やサービスについて、お客さんになるかもしれない人に無料で有益な情報を提供しているので、商品の素晴らしさや効果を一番良く理解してもらえるのです。

⇒ また、その商品やサービスの分野での生きた詳しいノウハウをネットで公開してみてもらうことで、その記事を書いているお店や会社、経営者の知識レベルや経験などを知ってもらえることに繋がるので、商品やサービスを購入して実際に試してもらう前に、すでに信頼を得ることができるのです。

⇒ 自分の仕事のブログを書き続けている場合、こんなことが起きます!

▼ある美容師がいました、その美容師は自分の技術向上の為、ブログで、とある美容師の記事を見つけました。
そして毎日そのそのブログを見続けているうちにファンになり、その美容師に教えを請いに行くようになりました。
実は、その一人だけではなく、そのブログの記事を呼んだ多くの美容師が教えを請うようになり、いまでは沢山の人を一同に集めて講習を行うまでになりました。

 

これらは、何をいいたいかというと、

今は、TVや雑誌や新聞広告、など既存のメディアにバカ高いお金をかけて広告を出さなくても、自分のメディアを作って情報を発信し、集客することができるという事です。

知っている人には当たり前のことなのですが、ネットの世界に疎い人にはそれらをまだ知らない人が多いのです。

自分のメディアとは、自分で、自分のことや、商品や、サービスなどを世の中に発信できる場所であり、媒体です。

自分のメディアとして情報発信することができる媒体とは?

WEBサイト(ブログなど)

※ブログで、商品に関するノウハウや有益な知識をタダで公表し、その記事の数をどんどん増やしてゆくことで、その商品やサービスに関しての詳しい百科事典のようなものにすることができます。それは、ネットで知らないことを調べる人にとってドンピシャな内容であればgoogleも評価しますので、検索順位も上がってSEO効果がすごく良くなります。

Youtube(youtubeチャンネル)

※自分のyoutubeチャンネルは誰でも簡単に作れます。

※youtubeはGoogleアドセンスと連携する設定をすれば、ヒカキンなどのように、自分でアップロードしたyoutube動画を見られただけで、見られた回数に応じてgoogleから収入を得ることも可能です!結構簡単なんですよ!

メルマガ

※メールマガジンは、人が自分でネット検索したり、能動的に動かないときでも、こちらから積極的に送ることができますので、待ちの商売ではなく、攻めの商売をすることが可能になります。

※メルマガは攻めの商売ができるからと言って、売り文句ばかり、広告文ばかりのメルマガは絶対にいけません!そんなメルマガなんて誰も見たくないので速攻、解除されるのがオチです。

※メルマガもブログと同じように、有益な内容で読む人が時間を取ってでも読みたくなるような内容のものにする必要があります。

※メルマガはダイレクトマーケティングの王道ですが、まずはメルマガを送るために、メルマガリストがないと始まりませんので、他の方法で集客が成功し、メルマガリストを集めてからの話になります。

この記事のまとめ

ネットショップへの集客には、大きく分けて有料の広告と、ほぼ無料のコンテンツマーケティング(ブログ)などがあります。

多くの人は、お金はできれば全くかけないで、集客したいと思うでしょうから、コンテンツマーケティングの手法をとって集客したいと考えると思います。

でも、コンテンツマーケティングでブログ記事を書き続け、そのSEO効果が高くなり集客できるようになるまでには、結構な時間(期間)がかかります。

毎日1記事書いたとしても、100記事書くのに3ヶ月以上もかかります。

実際にSEO効果が出てきてアクセスがくるようになるのは、長い場合半年~1年とかかる場合が多いです。

しかし、一旦ある程度のボリュームの記事ができてきて、ブログの運営歴も長くなり、アクセスが来るようになると、後々では、タダでどんどん集客してくれるもっとも有能な営業マンのようなブログ記事となります。

なので、

ブログで記事を書き続けることはもっとも大切です。

しかし、それだけでは、始めの半年、1年を収益なく過ごすことは結構厳しいので、少しの広告を使うことをオススメします。

それは、アドワーズ広告が適していると思います。

そして、そんな方が始めてアドワーズ広告を使うために7500円分の無料クーポンがもらえる制度があります。

⇒詳しくはこちら!

最後に、

これを伝えたいのですが、

ネット通販を考えられているのでしたら、

本当は既に何らかの本業で稼がれているお店や会社に本当はオススメしたいです。

なぜかというと、

本業が厳しくて今にもつぶれそうなお店や会社、

または、これから起業してネットショップ一本でやってゆこうと考えられている場合、

お金を使うか、ブログ記事をかいたりの作業時間を沢山とれるか?

または、始めのうちからどんどん売れて収入になると考えている場合は、実際にはそうならないことがほとんどなのでがっかりします。

でも、本業で稼いでいる状態であれば、片手間でやり続けてゆけるので、成功する確率が高くなります。

これについては、申しすこし詳しく話したいので、またの機会にお話しますね!(^^)

 

関連記事

■アフィリエイトで収入を得て生活するということについて

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK