朝起きた時が辛い、きつい、だるい方へ体調を良くする簡単な方法があります!

SPONSORED LINK

朝起きたときに、体がきつかったり、だるすぎて調子悪かったり、ムカムカしたり、頭痛がしたりという人が最近多いように思います。
周りの人からも度々、聞くことがありますし、何より自分自身もそうでした。

朝起きたときに、本来なら一番スッキリしているはずなのに、休日の朝にタップリ寝ても、
起きたらものすごくしんどかったんです。

なので、よく、栄養ドリンクを朝一番に飲んでぐったりした状態からなんとか動き出せるようにやっていたりしていました。

でも、栄養ドリンクは大抵カフェインが入っていて、
カフェインは大量に飲めば心臓に悪いことはわかっていたし、
カフェインは蓄積してゆくという話も聞いたような感じがしていたので、

毎日毎日栄養ドリンク頼みではまずいなあと思っていました。

走る&歩くだけでこんなにいいなんて。。。

そんな時、たまたまTVか何かで、ランニングの番組をやっていました。

それで、なんとなく次の日から走ってみようと思うようになりました。

当然のことながら、デスクワークで普段運動不足だったので、はじめからずっとは走れません。

なので、歩いたり走ってみたりの繰り返しでした。

それでも、何日かそうしているうちに、日々、続けて走れる距離が日に日に伸びてゆくのがわかりました。

だんだん、走り続けていてもしんどくなくなってくるんです。

そして、むしろ多少無理するくらい、ハアハアいうくらいまで走ると、

ランニングから帰ってきたときに、体が調子よくなってくるんです!!

お!

なんか、最近調子いいな。

というわけで、走ったり歩いたりをほぼ毎日30分から1時間弱行うようにしただけで、
朝の体調の悪さがどんどんなくなってゆきました!!

やったことは、ただ走ったり歩いたりを毎日するようになったって事だけです。

もちろん、体調もよくなってきたので栄養ドリンクもいらなくなりました。

やっぱりミトコンドリアの関係なのかな?

最近、人間の体の健康や長寿にはミトコンドリアを活性化させることが最も重要だといわれるようになりましたが、
確かに、その中で多少の負荷をかけた運動をする事も、ミトコンドリアを活性化させるといっていましたので、
今回の自分自身の経験はそれにドンピシャ当てはまっていると感じました。

自分は、仕事柄日中はずっとイスに座ってPC作業で、しかも殆ど運動しない。

特に冬になると風邪をひいてもなおりにくかったり、体調もすっきりしませんでした。
また、冷え性できつかったんです。

外で、ランニング&ウォーキングをするようになってから、肺の機能がよくなっているように感じます。

また、全身の筋肉も付いてきて血流もよくなってきているような気がします。

不思議なもので、ただ、走ったり歩いたりしているだけなんですよね。

三浦雄一郎さんもトレーニングで体が若返った!?

そういえば、三浦雄一郎さんは70歳前にエベレストに上ろうと決意する前は、
もう冒険もやめて暴飲暴食で運動もせず、体はボロボロだったそうです。

しかし、70歳でエベレストに登ろうと計画してから、数年かけて体を鍛えるために
毎日、10kgから多いときは30kgの荷物を入れたリュックをかろって、足には2kgから5kgの錘をつけて
何時間も歩くというトレーニングをしていたようです。

そのおかげか、心肺機能は70歳でエベレスト登頂時には、30代の心肺機能にまで若返っていたというデータがあります。

その後も、75歳、80歳とエベレスト登頂に成功し、

2019年1月には南米最高峰のアコンカグアに登る予定だそうです。
なんと86歳です!

すごいですよね~!

ということで、歩くこと、多少の負荷がかかるくらいの運動を続けることが健康長寿、ましてや、若返りの効果も期待できるということです。

自分自身で実感していますので、これは本当だと思っています。

現在、体調が優れない方、朝が辛い、しんどい、きつい方、

始めは少しづつでいいので、歩いたり、走ったり、多少負荷のかかるくらいの運動をしてみてください。

2週間後くらいに体が軽くなり体調がよくなっていると思います!
あなたの体の細胞の中のミトコンドリアを活性化して元気に長生きして楽しい人生を過ごしてみませんか?

Twitterでのつぶやき参考

 

p.s.あとは長寿味噌汁もおすすめですね!
ではでは!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK