辛味カプサイシンがコロナウィルス撃退!?韓国で致死率が低い理由か?

韓国では、数千人が新型コロナウィルスに感染している中、

致死率がとても低く、感染者の多さに比べ、致死率は圧倒的に低く軽症が多いみたいです。

また、あの人込みと衛生状況の中なのにインドも新型コロナの感染者少ないですよね。

そこで、何が原因かと考えてみたのですが、

以前、トウガラシの辛み成分カプサイシンがウィルスを撃退するという記事を読んだことを思い出しました。

もう2016年ころのことです。

たまたま、まだその記事があったので、以下にリンクを貼っておきます。

辛味でウイルス撃退! 「カプサイシン」の健康効果と摂取方法

その記事の中で、カプサイシンに期待できる健康効果として、

・免疫力の向上
・血流の改善
・体温が上昇し免疫力アップやウィルス撃退

唐辛子などに含まれている「カプサイシン」には、アドレナリンの分泌促進作用があり、代謝や発汗を促す効果が期待できるとか。そのため、細菌の増殖がおさえられ、風邪やインフルエンザの予防にもなるといわれています。

こんな記事もありました

新発見!不摂生者の救世主は「唐辛子」だった
「辛いもの」は、結局なぜカラダにいいのか

カプサイシンには抗炎症作用もあるため、摂取することでのどの殺菌にもなり、風邪やウイルス予防になります(ただし、すでにのどが痛いときには刺激が強すぎる場合があるので、気をつけましょう)。

また、北海道大学 大学院農学院 修士論文にもこのようなものがありました。

トウガラシにおいてアスコルビン酸(AsA)及びカプサイシンは同じ抗酸化物質として機能し,
ストレスによって発生した活性酸素種を消去する。機能性成分でもあるこの二つの成分を増加させ
る育種が試みられてきた。これまで,AsA 蓄積量はウイルスの感染ストレスによって増加すること
が報告されている。これは内生 AsA が抗ウイルス作用を持ち,植物体は AsA を増加させてウイルス
に抵抗するためと考えられる。

ウイルス感染トウガラシの次世代でのアスコルビン酸関連遺伝子の発現

これらをみると、

カプサイシンを適量接種することは、ウィルス撃退や健康のために何らかの役目をもっているように思います。

韓国はキムチなどの辛いものを毎日のように食べていることが致死率の低さにもつながっている面がないとも言えないのではないでしょうか?

キムチはカプサイシンの効果の他に、発酵食品でもあるので、

発酵パワーも合わさってウィルスに対する抵抗力の強さになっているのかとも思ったりますね。

twitterの反応

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK