【比較結果!】α7Cを買うのを辞め、α7SⅢを購入することに決めた理由

α7Cが発表され、これは買いだと思いつつありました。

今でも大人気機種の「α7Ⅲ」の性能的をほぼそのまま持ちつつ、α7Ⅲの動画性能に無かった、動画時の「瞳オートフォーカス」「リアルタイムトラッキング」が付き、更に動画撮影時間の制限も無く背面のチルト画面がバリアングルモニターにもなったので、これは買うしかないと思っていました。

この一週間はずっと、youtubeの紹介動画やWEBサイト、ブログなどを猛烈に見て研究していました。

ちなみに、Sonyにも電話して根ほり歯ほり聞いていました。

という訳で、

まず、初めに結論を言いますが、

今回は、α7C」の購入をやめて、α7SⅢ」を購入しようと考えています。

α7Cはコスパが良いとわかっている。

α7SⅢと言えば、価格が40万円越えで、α7Cの2倍の価格です。

しかも40万円も購入資金があれば、α7Cを本体購入して、更にそこそこいいレンズも購入できます。

更に、社外品のジンバル純正の外部マイク充電器やプラスでバッテリーなどもろもろ購入しても、α7SⅢの本体価格ほどに収められます。

なので、

コスパ的には、α7Cにした方が、
映像のプロでもない自分が購入するのは
ベストの選択と客観的にはわかっています。

スペックだけではない「α7C」が好きになれない理由

しかし、

α7Cでどうしても納得できなかったのが、

ファインダーの小ささ倍率の低さ左上の位置にある事です。

あと、操作ボタンの少なさや、グリップの浅さ、など。。

それと、これは長く使ってみないとわからないのですが、あまりに小さい中に詰め込んでいると、耐久性に欠けるのではないかとも懸念しています。

まあ、あと見た目的にもあまり好きはありません。

何故かというと、

α7Cフルサイズ機なのに見た目はAPS-C機のα6600と同じような外観で、

更にカメラの事をほとんど知らない人からみたらちょっとしたコンデジに見えるのではという事です。

本体だけで20万円以上もするから、多少おっきくてもいいので、

ある程度立派なカメラの外観の方が持っていて喜びが大きい気がします。

という訳で、

今は、価格が2倍もするα7SⅢにしようと考えています。

一流の映像作品を作るために一流に機材を使うことも必要!?

価格は、α7Cに比べると、約20万円も高くなりますが、、

5年~10年以上は使うつもりでいれば、

本体価格と安めのレンズなどで、50万円以上(仮に50万円とします)を5年で割ると、一年あたり10万円となり、一か月あたりにすると8,300円になります。

。。。。。ん!?

うーん、なんか自分をどうにか納得させようとして、変な計算を始めてしまいました。

やばい!!

これがカメラ沼というやつなのか。。。

ただ、以前youtuberのヒカキンさんが言っていました。

ヒカキンさんは、全く無名の頃から決めていたことがあるようで、機材はその時自分がちょっと無理しても最高のものを使うと言われていました。

その言葉はよく覚えていて、私が今から7年前にyoutubeに少し動画をアップしていた時は、まだまだヒカキンさんも瀬戸さんも、今では有名なYotuberさんも自分の動画と比べてもあまり差がなかったように思います。

私は、もともとそんなに沢山アップしていなかったのと、モチベーションが下がってyoutubeチャンネルは放置状態でした。。

でも、今はそんなヒカキンさん達は、みんなYoutube長者となっています。

もちろん機材を良くすれば、いい動画になって、多くの人に人気になるわけではないですが、モチベーションを上げてゆく為にやってみようと思います!!

いい動画を作成できるスキルは、今後必ず重要になってくる!

数年後、Youtubeがどうなってゆくかわかりませんが、すばらしい動画を作成するスキルは必ず生きてくると思うので、今時点で個人レベルで買える最高の映像機材を買うことに決めました!!

Sonyは映像に強いようですし、いつかSonyのWebサイトで紹介されるような動画を作れるように頑張ります!!

今は、AUXOUTさんのような素敵な動画を作りたいと思っています!!

ではでは!!(^^)/

α7Cとα7SⅢについてTwitterの反応

α7C

α7Cの製品情報

α7SⅢ

α7SⅢの製品情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SPONSORED LINK